サイトタイトルコンテンツ

ホテル業界は、面接重視の採用であるとも言えます。面接に際して大切なのは、明るさ、清潔感、そして笑顔のよさです。
とあるホテル業界の就職対策本では、ホテル人事担当者へのアンケートが掲載されており、「採用の際、応募者の容姿を重視しているか」という問いに対し、アンケートに協力した人事担当者の半数以上が、「容姿を重視する、比較的重視する」という答えを選んでいました。
新卒の就活に比べて、転職の就活では、フレッシュさをアピールすることは難しいかもしれません。しかしながら、ホテル業界はサービス業の最たるもの。面接の際は、いつもよりいっそう清潔な装いを心がけるのがベストだと思います。
ロングヘアであれば、後ろで結びます。前髪もできる限りサイドに流してすっきりとした印象に。メイクも薄すぎず、濃すぎず、ナチュラルメイクを心がけるようにします。チークは元気な顔色づくりに欠かせません。アイメイクにおいて、ラメは派手な印象を与えるので控えるようにしましょう。
爪は短く整え、ネイルは透明なものか薄いピンクのものに。実は、手元もよく見られているポイントなのです。
もちろん面接の際、気をつけなければならないのは見た目ばかりではありません。特に転職の場合は、「ホテルが好き」「接客が好き」といったような気持ちのアピールだけでは不十分です。
ホテルにおいて、お客さんに一流のサービスを提供することは当然のこと。それに加え、いかにそのホテルを盛り上げて行くか、ということを考え、アピールすることも大切です。
入社後に、その組織の中で、どういう働きをすることができるか、入社後のビジョンを明確に示すことができる人が、面接では有利だというふうに思われます。
ホテルでの仕事は接客が基本となりますので、ホテル業界への転職活動の際には見た目の清潔さ、お客様に与える印象等を考えながら面接に挑みましょう。

Copyright(C)2013 ホテル勤務の実態は? All Rights Reserved.